デイサービスの介護職・仕事内容と役立つ資格、求人状況について

デイサービスは、自宅で暮らしている要介護者が、昼間だけ利用する介護施設です。デイサービスでは身体の介護のほか、身の回りのお世話やレクリエーションなどを提供します。この記事では、デイサービスで働くスタッフの仕事内容や役に立つ資格、そして求人の状況などについてご紹介します。

デイサービスとは

介護 求人 神奈川,老人ホーム 神奈川

デイサービスは「通所介護」のことで、自宅で暮らしている介護を必要とする方が、昼間だけ利用できる介護施設のことです。デイサービスでは食事や入浴、排泄などのお手伝いや機能訓練のサービスを提供するほか、レクリエーションなど、高齢の方が楽しめるイベントも開催しています。

デイサービスでの仕事

デイサービスでの仕事は、基本的に日中です。朝から夕方までが仕事の時間で、「お泊まりデイサービス」などの宿泊系サービスを行っている施設以外では夜勤はありません。
デイサービスで働く介護職は、食事や入浴、排泄などをサポートする身体介護や身の回りのお世話を行っています。また、デイサービスは、高齢者が楽しめるレクリエーションも充実していて、時には外出することもあります。

デイサービスでのレクリエーション

自宅で暮らす介護が必要な高齢者の多くは、引きこもりがちです。デイサービスは、そんな方の孤独感を解消し、地域社会に参加してもらう手助けをする施設です。そのため、身体介護やリハビリのほかに、介護職員や施設利用者との交流の場であるレクリエーションがとても大切になってくるのです。デイサービスではこれまで、体操や折り紙、カラオケ大会などがよく行われていましたが、最近は施設を飛び出し地域のイベントに参加したり、土いじりをしたりするデイサービスも増えているようです。デイサービスで働くスタッフには、介護の知識や技術だけではなく、このようにレクリエーションを企画するクリエイティブな才能が求められます。通常、レクリエーションの企画はスタッフ持ち回りで行いますが、機能回復訓練の要素も考えて企画する必要があるため、担当スタッフにとっては、本格的に時間を割いて行う仕事になります。

認知症に特化したデイサービス

通常のデイサービスのほかに、認知症を患っている方に特化したデイサービスもあります。「認知症対応型通所介護」と呼ばれるもので、認知症の方が安心して利用できるよう配慮された家庭的な雰囲気が特徴です。

デイサービスとデイケアの違い

デイサービスとよく似た響きの「デイケア」。このデイケアも介護サービスの一つですが、デイサービスとは中身が少し異なります。デイケアは「通所リハビリテーション」とも呼ばれ、自宅で暮らす要介護者が、リハビリテーションのために通う施設です。デイサービス同様、食事や入浴などの介護を行っている事業者も多くありますが、主目的はあくまでリハビリなので、事業者は病院や診療所、介護老人保健施設に限られています。そのためデイケアには医師や看護師のほか、理学療法士や作業療法士などのリハビリ専門職が常駐しています。

デイサービスで役立つ資格

介護 求人 神奈川,老人ホーム 神奈川

デイサービスなどの介護関連施設では、直接的に介護サービスを提供するスタッフ以外にも、さまざまな役割のスタッフが働いています。もちろん、資格がなくても働ける仕事はありますが、介護の世界でのキャリアアップを考えているならば、やはり資格を取得しておいた方が有利です。当然、就職や転職の際にも資格は有利に働きます。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護の基礎、介護の入口として取得しておきたい資格です。以前のホームヘルパー2級と同等の資格とされ、基礎知識や倫理、実務を学んだ後に試験を受けることで取得可能です。

介護職員実務者研修

介護職員実務者研修は、介護職員初任者研修の上に位置づけられる資格で、以前のホームヘルパー1級と同等の資格です。介護サービスを提供する能力、そして医療的ケアの知識や技術の取得も研修目的になっています。この研修(実地含む)を終えることで、「喀痰吸引(かくたんきゅういん)」という、痰の吸引も行えるようになりました。

介護福祉士

国家資格の介護福祉士は、介護エリアでは唯一の国家資格であり、もっとも上に位置する資格です。介護福祉士を志す場合、主に3つのルートがありますが、一般的なのは介護現場で実務経験(3年以上)を積んでから取得するルートになるでしょう。介護福祉士は、介護や、その関連業界でのキャリアアップを考えるなら、必ず取得しておきたい資格です。
介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、そして介護福祉士の資格は、デイサービスのみならず、看護業界や関連業界では必ず役に立つ資格です。特に介護福祉士の資格までたどり着ければ、ケアマネジャー(介護支援専門員)への礎にもなり、さらなるキャリアアップの道も広がります。

デイサービスを含む介護職の求人状況

介護 求人 神奈川,老人ホーム 神奈川

少子高齢化が進む日本社会。介護業界は現在も、そして未来も人手が不足すると考えられています。日本政府も看護職の処遇改善や、海外人材の利用など、さまざまな策を講じていますが、それでも将来の超高齢化社会を考えると不十分だと言わざるを得ません。
この状況を考えれば、デイサービスを含む介護業界の職に就くことは、それほど難しいようには思えません。確かに介護職の有効求人倍率(一人当たりの求人数)は、1から2の間で安定しています。この数字は、働き手を求める事業者が、働き口を探す人よりも多い状態を示しています。すなわち、仕事を探しやすい状態であることは確かです。ただ、事業者側にとっては、少ない人材を取り合う形になります。質の高い人材を雇用することができない場合、人手不足から倒産することすら考えられます。倒産により仕事を失った職員にとって新たな職に就くことは難しくありませんが、転職の連鎖に陥ってしまう可能性もあります。

介護職の離職率と雇用形態

介護職の離職率は高いと言われていますが、実際はどうなのでしょうか?介護職は、ご紹介したように有効求人倍率が高いことから、実は入職率も高くなっています。入職率が高く離職率も高い。これはやはり、何かしらの課題が業界内に存在することを指し示していると考えられます。実は離職率が高い傾向にあるのは「常勤」として雇用されているスタッフです。介護の現場では、アルバイトやパートといった「短時間労働者」も多く働いていますが、短時間労働者のほうが常勤労働者よりも長く働く傾向にあるのです。課題は待遇、人間関係など多岐にわたりますが、政府や業界も努力を続けて改善を図っています。

介護職求人の現状

介護職の求人数は、地域により異なります。現在、人口の高齢化が顕著な地域では、有効求人倍率も上がりそうなものですが、これは施設の数などにもよるので、一概にそうだとは言えません。全国的な介護求人の現状ですが、平成30年度の職業安定業務統計によると、介護職の有効求人倍率(全国)は4.06倍となっていて、依然として求職者にとっては仕事が探しやすい状態が続いています。
(参考:厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/content/11602000/000504115.pdf)
このように現在も、介護職の求人倍率は高い状態が続いていて、介護業界への就職、転職については、引き続き実現しやすい状態であることは確かです。また、現状を考えても、この状態はしばらく続くと考えられます。しかし、資格を取得してキャリアアップを図らない限り、待遇面で少々見劣る部分があることも事実。入りやすい業界ではありますが、将来のキャリアパスを描いておくことが大切です。